花 風景 紅葉 写真 Fore's Web Gallery

花 風景 紅葉 アジサイ・・etc・・と四季折々の情景をforeこと、じじカメがデジタルカメラを小脇に抱え六甲山系と播磨路各地を中心にホロホロと散策がてらに収めたアルバムを、涙と感動(オイオイ)の写真日記として載せていきます
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
BLOG RANKING
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
移転しました
4月より「FC2ブログ」へ移転しました。

「あじさい写真ぶろぐ」
http://tohban.blog40.fc2.com/

今後とも宜しくお願いします。。。。。fore
ミモザ(フサアカシア)
平荘湖畔の北側を歩いていると、真っ黄色で一際目立つ大きな木が目に入ってきました。満開になっているミモザ(フサアカシア)で、周辺にはほんのりとした気持ちのいい香りが漂っています。
ミモザ

枝々には黄色い金平糖のような小さな花がいっぱい。

ミモザ

ジョウビタキ
平荘湖畔を散策していたら小高い枝のところで遊んでいるのを発見。何とかズームでキャッチできたようで嬉しい。。。。

ジョウビタキ
盛り上がっておりました
お花見としては一週間早い感じでしたが、どうしてどうして。。。。十分盛り上がっていましたよ(^^) バーベキューのいい匂いがたまりませんでした。
早くも屋台のお店が数軒出ておりましたねえ。

一足早い花見
春爛漫!!準備万端整ったよ(^^)
あとは桜前線の北上と屋台のお店だけだな。。。。

ぼんぼり

カンヒザクラだけが頑張ってます。
カンヒザクラ(寒緋桜)
ユキワリイチゲ
ユキワリイチゲ(雪割一華または雪割一花)
束の間の日射しを精一杯謳歌し、ガクも花びらも大きく開いているところが可憐で可愛いですね。
ユキワリイチゲ
ひそやかに咲くミスミソウ
雪割草とも呼ばれ昔から親しまれている早春の野草。
園芸ブームが裏目となり盗掘が絶えず自生地が激減し「準絶滅危惧種」になっているとか。。。。。。。
     悲しい時代だね。。。。。。。
ミスミソウ(雪割草)

ミスミソウ(雪割草)
とうがたったフキノトウ
心ない人の盗掘から逃れ生き延びたフキノトウ。花が咲いていますが種を落として増えて欲しいですね。
フキノトウ
猫の尻尾
春の訪れを告げる花とか早春の使者とも言われているネコヤナギ、昔はネコヤナギといえばふっくらとした「銀白色」の毛をイメージしていたのですが、花が咲いたこの状態も可愛いねえ。
ネコヤナギ

ネコヤナギ

カタクリの花
カタクリという名前の由来ですが、昔は片栗粉をこの花の根から作っていたので付いた名前とのことです。でも現在も片栗粉ってあるよね。という事は今現在はこの花の根から取らなくなったんだろうか??

可憐な花ですが、種から7年から9年もかかってやっと日の目を見て花が咲くという実に気の遠くなるほど年月がかかっているそうです。凄いねえ・・・・

開花
カタクリ

つぼみ
カタクリ

生まれたて
カタクリ

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.